“オーストラリアに“慰安婦像”はいらない!日系子女と若者たちを差別といじめから守ろう。“


AJCNは下記の募金活動をスタートさせました。日系オーストラリア在住の子供たちを守るためにご協力願います。

募金サイトgofundme オーストラリアに“慰安婦像”はいらない!
                     
このサイトではクレジットカードでの払い込みを受付しています。直接口座へお振込みしたい方は下記の口座にお振込みください。

日本 : ゆうちょ銀行 店番:019 預金種:当座 口座番号 0324225 口座名:AJCN

オーストラリア:Commonwealth Bank BSB: 062-236 Account Number:10196299   Account Name: Sumiyo Egawa

記事欄にDonationAJCNと記入願います。

                    

    
AJCN(Australia-Japan Community Network) は、2014年4月からオーストラリアのコミュニティーの平和と安寧を願うとともに、日系子女を差別やいじめから守るため、反日グループが推進する慰安婦像設置に反対する活動を展開してきました。この運動は2015年8月11日、ストラスフィールド市議会の市議全員一致による設置提案の否決に結実しました。この決定により豪州における公共の場所への慰安婦像設置は事実上不可能になりました。その後再び起こった、北朝鮮につながる韓国の政治団体が主導する第2次慰安婦像設置運動への対応を続けてきましたが、一つの像がAshfieldのUniting Churchの敷地内(一般市民が自由にアクセスできる私有地)に仮置きされる事態となりました。そこでAJCNは昨年12月14日に人種差別法を根拠に、この教会の全国組織とローカル教会の責任者をオーストラリア人権委員会に提訴いたしました。事態を重く見た日本政府は、日本政府としての懸念と慰安婦問題に対する政府見解を伝える正式文書をAJCN経由で人権委員会に提出しました。アメリカだけではなく、すでにシドニーエリアでも脅迫や日系人に対する差別的行動が複数報告されているからです。

AJCNは日系オーストラリア居住者とそのオーストラリア人配偶者を中心としたMoms&Dads Groupです。活動はすべてグループメンバーの手弁当で行っているため、今回の提訴に伴う弁護士費用などを全額負担することができません。オーストラリアのマルチカルチャㇽ・コミュニティーの分断を防ぎ、日系子女の安全、安心な生活を確保するため、是非この募金活動にご協力をお願い致します。

お預かりする寄付金は当団体の事務局長である江川純世が代理で受領、責任を持って管理させて頂き、必要に応じ、我々の活動/運営資金に充当させて頂きます。
AJCNの活動については当ブログサイトをご覧ください。
http://jcnsydney.blogspot.com.au/


2017年4月

AJCN 事務局長 江川純世


日本政府は2度にわたりNSW州首相に懸念を伝え、対処を要請しました